【消費税・消費税簡易課税制度選択届出書の効力】

[記事公開日]2014/12/12
[最終更新日]2015/09/28

Q

消費税法において基準期間の課税売上高が5000万円以下の事業者が選択することのできる簡易課税制度。

この制度の適用を受けるには「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出する必要があります。

この届出書を提出し、簡易課税制度の適用を受けていた事業者が、基準期間の課税売上高が5000万円を超えたため適用を受けることができなくなりました。さらにその翌課税期間はまた課税売上高が5000万円以下となったので、簡易課税制度の適用を受けようとした場合、「消費税簡易課税制度選択届出書」の提出は必要でしょうか?

 

A

届出書の提出は必要ありません。

「消費税簡易課税制度選択届出書」は不適用の届出書を提出しない限りその効力は存続しています。

 

京都 税理士|加来昇税理士事務所