契約書の印紙

[記事公開日]2013/05/11
[最終更新日]2015/11/03

建設工事の請負契約書や不動産の売買契約書には契約(請負)金額に応じて印紙税が課税されます。

この印紙税、実は現在軽減されています。

例えば
5,000万円の契約金額なら
 本来2万円の印紙が必要 → 現在1万5千円(25%減)
1億円の契約金額なら
 本来6万円印紙が必要 → 現在4万5千円(25%減)

平成26年4月1日以後に作成される契約書については、
さらに税率が引き下げられます。

例えば
5,000万円の契約金額でしたら1万円(50%減)
1億円の契約金額なら3万円(50%減)
となります。

消費税増税にあわせた措置ですね。

京都 の 税理士|加来昇税理士事務所