住宅取得資金の非課税

[記事公開日]2013/06/26
[最終更新日]2015/11/03

通常、お金をもらったら、もらった人は贈与税が課税されます。
(税金というのは得した人が課税されます笑)

ただし、父母や祖父母から住宅取得などのための資金をもらった場合には、
一定の要件のもと「非課税の特例」というものがあります。(平成26年12月31日までの特例)

一定の要件というのは、例えば
もらう人が20歳以上で所得が2,000万円以下でないといけない・・・
もらう人が贈与者の直径卑属(子や孫)でないといけない・・・
取得等をする住宅が50㎡以上240㎡以下であること・・・
築20年以内(or25年以内)であること・・・
などなどです。

(※詳しくは専門家にお尋ねください。)

いくらまで非課税か?(非課税限度額)

平成25年中は700万円(省エネ住宅等1,200万円)まで
平成26年中は500万円(省エネ住宅等1,000万円)まで

ということになります。

京都市下京区|加来昇税理士事務所